2022年10月3日月曜日

甘柿を収穫開始。果樹園の下草&笹竹処理をしたが相変わらずイノシシの気配プンプン。

 秋らしくなり、昨日は柿を収穫して帰った。

果樹園側には、カラスウリがいい色になっている。
ただ、晩白柚やレモンの木の近くには雑草や笹竹が予想以上に茂っていたので、時間が許す限り草刈りや笹竹切りをしたのだが、足元にははっきりイノシシと分かる足跡
新天地では野菜の被害が怖いが、果樹園では作業中偶然出くわすのが怖い
木の方に目をやると、今年もレモンは成っている実はあったが、ここ数年では一番出来が悪そうだった。
一方、すぐ近くにある晩白柚の方は雑草や笹竹にめげず、昨年に続いて豊作間違いなしだ。
この木には20個以上の実が付いている。
果樹園にあるもう1本の晩白柚にも同じように実が成っているので今季の晩白柚は楽しみだ。


昨日の収穫目的の柿の木は、果樹園に私が30年近く前に植えた2本の富有柿と、新天地にある種類の分からない2本の柿の木(甘柿であるのは間違いなさそうだ)だ。

こちらが新天地たくさんの実を付けている柿の木、場所は一の段の奥だ。

多く実を付けているこの木の実は若干小さ目
この甘柿の種類は、恐らく食べても分からないが、食べてみるのは楽しみ。
私の舌で富有柿との区別はつくだろうか
新天地のもう1本の木はニンニクを植え付けた三の段南にあるが、こちらは4個しか成っていない。
こちらの実は大きかったので、富有柿かもしれない。
ただし収穫まではまだ1~2週間は要しそうだが、収穫して食べるのが楽しみだ。

さらに、新天地にはもう1本柿の木があると思っていたのだが、こちらには全く実が成っていない。
どうやら柿木そっくりの別の木みたいだ。
大きな木で、葉と枝ぶりを見て柿の木と思ったのだがどうやら違うみたい。
時期を見て、上の方の枝を全て切り落としてこの辺りの日当たりをよくするかもしれない。


一方、果樹園の2本の富有柿は昨年と同じくらいのまずまずの実の成り方だ。
大豊作とは言えないが、まずまずの実が成っている。
色付きのいい実は虫やカラス被害に逢っている。

4本の柿の木、どの木に成っている実も、いい色になって収穫適期と思った実は、虫に食われたりカラスにつつかれたりしていた。

こちらは新天地の柿で、いい色になっていると思って反対側を見てみると。。

ということで、柿の本格的収穫はもう1~2週間してからになりそうだ。

で、こちらは2カ所から収穫して帰った柿。
持ち帰ると、もうどの柿がどの木から採れたものか分からなくなった。
恐らく大きめの柿が果樹園の晩白柚だと思うのだが。。

もちろん、柿の収穫は始まったばかりで、これから週に1~2回の収穫を続け、しばらくは収穫量も増えていくだろうと思われる。
今年は収穫出来る甘柿の木の数が増えたので、最終的な収穫量も増えるだろう。
お裾分けする方も、これまでより増やす必要がありそうだ。

2022年10月2日日曜日

ミョウガの根茎を新天地の二の段南の下の木陰部分に移植。ゼフィランサスの球根を一の二の段の間に植え付け。

 新天地のベンチの上には、カマキリが遊びに来ていた。

10月に入ったのに、この暑さでは私もカマキリもベンチの上がいいみたい。
よく見るとお腹の方もかなり大きくなっているみたいだ。

さて、日当たりのいいところでしか育たない野菜が多い中、ミョウガは日当たりの悪いところでも育つ。

こちらはイチジクの木の下に育つミョウガで、9月初めまでは収穫出来ていた。
ただ、この時期は少しづつ茎葉が枯れ始めている。

夏の時期の薬味として我が家では欠かせない食材だが、もう収穫時期は終わったので今日は新天地に移植することにした。

茎葉が完全に枯れると根茎を探しにくくなる。
で、この時期に根茎を掘り起こして移植することにした。

移殖した場所は、私やカマキリが休む新天地のベンチのすぐ側の木陰部分だ。

ここはとても条件がよさそうで、来年からは立派なミョウガが収穫出来そうだ。

一方、ミョウガの根茎の側にはゼフィランサスがまだ元気に咲いていたが、昨日紹介した一の段の奥に咲いていたサフランモドキとゼフィランサスは同じヒガンバナの仲間なので、ゼフィランサスも近くの一の段と二の段の間のツツジの木の間に植えておいた。

この写真で左半分が一の段だが、奥の方にサフランモドキが咲いていた。
来年ゼフィランサスとサフランモドキが同じ時期に見れるのが楽しみだ。
近づいててみるとこんな感じで、移植した苗は明らかに弱った。
球根植物は強いので、来年はまたきれいな花を見せてくれるのが楽しみだ。
段々畑の空いたスペースはまだ雑草や笹の切り株がたくさんあるが、こんな感じで少しづつ見た目もよくなるように整えていこうと思っている。

2022年10月1日土曜日

10月に入ったので里芋の収穫開始。サフランモドキは花の時期が長かった。

新天地で8月初めからいくつもの花を次々に咲かせていたサフランモドキ
どうやら今咲いている花が最後みたいだが、楽しませてくれる時期が長かった。
今年は雑草の間から花を見せていたサフランモドキ。
苗も球根も確認できたので、来年は雑草があまりないところで花を咲かせたい。
来年は球根を移植して雑草の管理をし易い段々畑の間のスペースで育てよう。

さて、10月に入ったので里芋の収穫をしよう。
下の写真に見えている場所の10株ほどが、一番元気に育っている。
高さは1mちょっと、茎の太さも十分に太い。
育ちの悪いところではこの半分くらいの大きさだ。
そんな場所の里芋を2カ所掘り起こしてみた。

我が家では、里芋は大きな親芋を逆さ植えにして植え付けているので、一株から4~5本の親株が育つ。
ここでは一株から6本の立派な茎が出ていた。

このくらいの太さの茎なら、12月なら10㎝程の親芋が付いている。
さすがにこの時期の親芋は小さかったが付いている子芋の大きさは幾つかは十分サイズだった。

こちらが収穫した親芋と子芋だ。
親芋はまだ5~6㎝だったが、子芋はもう十分な大きさになっていた。
さっそく今日は親芋を味噌汁に入れて食べたがとても美味しかった。
「赤芽大吉」は親芋も食べれる里芋なのだが、やはり親芋は小さい方が美味しいようだ。

ということで、初収穫の里芋は満足できる状態だった。
これからの里芋は遠慮なく消費して、芋が無くなり次第1~2株づつ収穫するというパターンをしばらく続けることになりそうだ。
そして、12月に入る頃には親芋も大きくなり、子芋も十分な大きさのもの増えてくると思われる。
大好きな里芋、今年もたくさん食べることになりそうだ。

2022年9月30日金曜日

2022年9月の菜園&果樹園。

この9月は、糸島市の山のすそ野にある土地に新たな菜園作りのための新天地に少しづつ手を加えた。
購入した土地の大部分は雑草や雑木や笹竹に覆われ、イノシシが掘ったと思われる穴もたくさんあったので、差し当たって獣害予防のネットを張った。


この土地の大部分は以前所有していた方が段々畑として使っていたようで、かなりの可能性を秘めているように思っている。
こちらは三の段南に植え付けたニンニクの畝。
四の段に獣害被害予防と思ってマルチに切れ込みを入れずにデストロイヤーを植えたのは失敗だった。
マルチの下は熱を持った空気が張り詰めて風船状態。
マルチの下には雑草が腐れかけて、種芋も半分ほど腐れていた。

今月は二の段に作った畝では種まきもしたが、うまく芽出し出来たのはルッコラ。

芽出しがうまくいかなかった白菜は苗を買って植え付けた。

以前段々畑の一番下の段として使われていた場所(一の段)はウェットなので、ニンジンの芽出しやニラを育てている。

一番上の段(五の段)には、栗の木があるが今月はさっそく栗の収穫が出来た。

この新天地には栗や柿やビワなどの実がなる木だけでなく、以前所有されていた方が、紅葉など楽しめる色々な木を植えているので、そんな木も出来るだけ生かしたいと思っている。
ここは二の段南で花壇にしようと思っている。
こんな小さなモミジの芽も可能なものは残している。

ただ、敷地内にある茂り過ぎた笹竹はちょっと厄介者。
先日根元から切った笹竹も可能な場所では掘り返している。

第1菜園ではエンダイブや黒キャベツを適時収穫。
新天地でマルチの下で多くが煮えたようになったデストロイヤーの種芋も、第1菜園で切れ込みを作って植えたところでは順調に芽を出した。
背は伸びたが茎は細いので、大きな芋は付けそうにない。

第2菜園では、夏を乗り切ったニンジンや土嚢袋ショウガや土嚢袋の短寸ゴボウそして四角豆やサツマイモが収穫出来ている。
安物土嚢袋のビリビリ状態には閉口したが、土嚢袋ショウガの出来は上等だ。
ニンジンは雑草の下に宝探し状態。
夏に腐れずに乗り切ったニンジンは結構立派だ。
収穫出来るサツマイモも少しづつ大きなものになっている。


果樹の方ではもうすぐ柿の収穫が始まる。
イチジクは、まだ食べれる実が次々に出来ているのだが、台風の後採り忘れた実にスズメバチがたくさん寄ってきているので、怖くて近づけなくなった。
熟れる前に収穫しておかないとこんな状態になる。
この状態で実を落とすのは雨が降っている時しかない。
まあ、これまで十分に収穫してこれたので、今年の収穫は終わりにしてもいいだろう。

いよいよ来月からは秋本番で畑仕事もし易くなるはずだ。
新天地ではやりたい仕事が山積みなのだが、無理はしないようにボチボチ出来ることをやっていこう。

2022年9月29日木曜日

一の段と二の段の間のスペースに芽が出た聖護院大根の移植と蔓なしインゲンの種まき。芽出しがイマイチのニンジンや大根も追加種まき。

 花壇では年に2回咲くバラの木に秋の花が咲き始めた。

春と秋、年に2回花を楽しませてくれるバラ『Queen of Sweden』。

さて、一の段に芽を出していた聖護院大根はその一部を、一と二の段の間のスペースに移植。
一と二の段の間のスペースの土の感じがよても良かったので、野菜をこの場所で育てたくなったのだ。

で、時期的には遅過ぎるかもしれないが蔓なしインゲンの種が大量にあったので、この種も同じ一と二の段の間のスペースにバラ蒔きしておいた。
2年目の種なので、来春の種まきが最後になりそうだ。
インゲンの秋蒔きは8月の終わりがいいらしいが今日種をバラ蒔いた。
10月末から11月にかけての収穫を期待している。


ところで、一の段の数カ所には、ニンジンなどの種も蒔いていた。
それらの種からの芽出しはイマイチ
そこで、同じ一の段の奥の方に、足踏み法でニンジン種まきを追加した
写真右下がニラ、左下と奥がニンジンの畝。
このウェットな一の段はニラ以外はまだうまく使えずにいる。

更に、一部しか芽が出なかった通常の大根も同じ畝に追加種まきをしておいた。
1ヶ月ほど前に種まきした大根の畝では20%しか芽が出なかった。
今日はこの畝の芽が出なかった場所にも追加種まきだ。

うまく芽出しが出来ない秋野菜には、これからもあまり遅くならないうちに追加種まきをすることになりそうだ。

2022年9月28日水曜日

ブロッコリーと白菜の苗を買って植え付け。植え付け場所は第1菜園と新天地。ニンニクも、新天地三の段南に2畝目の植え付け。

3週間前にイチジクの木の下で第1陣の花が咲き始めたタマスダレ(ゼフィランサス)が今は第2陣の花が見事だ。



さて、例年だと9月初めには第1陣の植え付けをするブロッコリーや白菜
今年は遅くなり今日が苗植えだ。
残念ながら、種から育てたものはまだ育っていないので、買った苗を植えることにした。
なぜか種まきしたところからは芽が出なかった新天地の白菜
今年は同じ場所に買った苗を植え付けた。
コオロギやヨトウムシの被害に逢わないと嬉しいのだが。

遅めに苗を植えるメリットは、コオロギなどの被害が若干減ることだ。
それでも畝の廻りにはたくさんのコオロギの姿が見えるので心配だ。
こちらは第1菜園ブロッコリーを植えた畝。
この後、防虫ネットを掛けておいた。
こちらは新天地に苗を植え、防虫ネットを掛けた状態。
同じ苗なので、第1菜園と苗の育ちの違いを見るのが楽しみだ。


そして、今日はニンニクも第2陣の植え付けをした。
ニンニクの畝を作っているのは三の段南だ。

10日あまり前に植えた第1陣のニンニクは、丁度芽が出てきたところだった。
ただ、今日第2陣の苗を植えようとしてびっくりしたのは、畝を作る予定の場所に直径60㎝程の穴がポッカリ空いていたこと。
原因不明の穴だ。
地盤沈下??
もちろん、この穴は埋め直して畝を作った。
こちらが今日準備した種ニンニクを植え終わったところ。

この新天地の三の段南には広いスペースが残っているが、笹竹の根茎もかなり張っているので、今後どのように使っていくか思案中だ。
とにかく、少しづつ少しづつ新天地は開拓していこう。