2016年7月22日金曜日

キアゲハ。羽化の様子は見れるかな?

キアゲハはセリ科の植物が好きみたいだが、休む場所としてはツクネ芋の葉の上が好きみたいだ。

こちらは、今朝ツクネ芋の葉の上で休んでいたキアゲハ。
羽根の模様がよく分かるように、もう少しアップの写真。
横から見るとこんな感じ。

一方こちらは、昨日の朝、やはりツクネ芋の葉のところで休んでいたキアゲハ。
どうやら、ここで夜を越したのかもしれない。
適度な日陰が気持ちいいのかな?
羽根を広げたところの模様を、今朝撮った写真と比べてみた。
非常に似ているのだが、よく見るとちょっと違う。
どうやら別の個体のようだ?
なぜかとても人懐っこかった。
近づいても全く逃げないのだ。
我が家のどこかで孵化したキアゲハで、私に好意を持っていたのだろうか?
それとも、まだ目が覚めていなかっただけなのだろうか?
指で羽根に触ろうとしたら、やっと飛び立ってすぐ近くのレモンバームのところに止まった。
こうして見ると、なかなかきれいな蝶だ。


ところで、このフェンネルの枯れた花の上に止まっているキアゲハ
この写真は、畑のフェンネルのところで撮ったものではない。
ミミズ管理部屋に置いていた蛹が昨日羽化したものなのだ。
キアゲハが止まっていた花の下の方には空になった蛹。
ここに2匹蛹を置いていたのだが、まず小さい方が羽化した。
ということは、もう1匹の蛹の羽化も間もなくだろう。
羽化の瞬間を見たかったのだが、どうやら羽化したのは夜中か夜明けのようだ。
もちろん、すぐ広い世界に出たそうにしていたので、1枚写真を撮ったらすぐ窓を開けてあげた。
もちろん、ここで羽化したキアゲハ、上の2匹の写真とは別の個体だ。
それにしても、羽根の模様はよく似ている。
ま、同じ種だから当然か?

さて、この部屋の中で羽化させたキアゲハ、以前フェンネルに20匹近いのキアゲハの幼虫を見つけていたものの1匹なのだ。
フェンネルもまだこの頃は青々していた。
この写真から1週間経ってみて見ると、幼虫は大きくはなっていたが数は3匹に激減していた。
数が減ったのは、我が家の畑にしばしば遊びに来ているスズメの仕業だろうか?
それとも、餌になるフェンネルが足りなかったのか?
とにかく、生きていくのは大変なのだ。

そして、その3日後見てみると、僅か2匹が蛹の形で残っていた。
この蛹を、フェンネルを茎ごと切って、ミミズ管理部屋に移動させた。
僅か2匹が残った蛹。
この状態で、スズメに食べられたらかわいそうだ。
移動させた部屋は、1畳くらいの狭いスペースなのだが、ドアを閉めると密室になる。
スズメに食べられる心配は皆無だ。
スズメに食べられないように、というのは実は口実。
この場所なら、孵化する様子がよく観察出来るだろうと思ったのだ。
そして、1匹が昨日羽化した。
本当は羽化する様子を見てみたかった。
もう1匹残っている蛹が昼間に羽化してくれるのなら、羽化の様子を写真に収めることが出来るかもしれないのだが。。。
蝉と同じように、羽化の時間帯が夜中や夜明けでは見れそうもない。

こんな枯れかけのフェンネルでも幼虫がいるのはよほど美味しい?
もう食べる場所が残っていない気がするが。。


現在、セリ科の植物を見てみると、枯れかけのフェンネルに小さな幼虫が3匹。
同じくプランターに植えていた枯れかけの小さなイタリアンパセリにも先日3〜4匹幼虫が居たのだが、こちらいつの間にか居なくなっていた。
こちらは、食べるところがなくなったのが原因だろう。

そして、まだ元気な姿で残っているセリ科はミツバ
ただ、ここに居る幼虫はたったの2匹。
まだ葉は元気なのに2匹しか幼虫が居ないのは、フェンネル程好みではないのだろうか?
こちらはミツバの葉の上に居た幼虫。
セリ科の植物が増えてきた我が家では、キアゲハを見る機会も増えてくるに違いない。


0 件のコメント:

コメントを投稿